風防に傷がついてしまっている

高級時計を中古で購入する場合、現行モデルを安く買える、すでに生産終了したモデルが手に入る、リセールバリューが高いなどといったさまざまなメリットがあります。こうしてみると中古高級時計にはメリットばかりのように感じますが、傷や汚れが目立つなど中古ならではのデメリットも存在するのです。たとえば、長年使い込まれた中古高級時計の風防には稀にではありますが、細かい傷がついている場合があります。購入時には特に気にならなかった小さな傷でも使っていくうちに次第に気になり出すというのはよくあることです。風防の傷を消すには研磨すればいいのではと簡単に考えてはいけません。なぜなら、高級時計の風防に採用されているサファイアガラスは研磨することができないものだからです。風防の傷が気になる方はサファイアガラスごと交換するしかなく、コストがかかるというデメリットがあります。

保証期間が短かすぎて無料修理が受けられない

高級時計を新品で購入するメリットには、長期間のメーカー保証が受けられるという点が挙げられます。万が一、故障や大きな傷がついてしまった場合、メーカーの長期保証があると無料で修理や部品の交換などを行ってくれるので安心です。一方で、高級時計を中古で購入した場合には無料修理などの手厚い保証が受けられない可能性もあるのです。中古高級時計の保証期間は新品購入時からスタートするため保証期間が短くなり、故障した時には保証期間が終わってしまっているケースがあります。また、中古高級時計の保証書は最初の購入者の名前が消されていることがあり、メーカーによっては保証の対象から外れてしまうこともあります。このようなデメリットは独自の保証期間を設定している店舗を利用することで対処可能です。